マーケティングリサーチの有効活用法

マーケティングリサーチとは、市場調査と言われ、企業が、商品やサービスを実施するにあたって需要を理解し、顧客需要に合う商品やサービスを提供することで経営の資源を有効運用できるといわれています。この顧客の傾向を探ることといえます。商品やサービスを受ける消費者は、リサーチをされることでほしいと思っていた商品やしてほしいサービスを受けることができる可能性が高くなり、企業は、商品開発によるコストや価格のかけかたが適切になります。リサーチの方法はいくつかありますが、商品や戦略に応じて、有効に働くものと徒労に終わってしまうものがあるため、リサーチ後それをどう活用することが最もメリットになるのかを考え、有効活用となるためのポイントをおさえておくことが重要です。

リサーチにおいて仮説の設定をする

調査方法は、CAPI、インターネット調査、訪問面接調査、電話調査、CATI、郵送調査、会場調査・集合調査、などの方法がありますが、家庭環境や年齢・性別を設定し、そして課題・仮説を設定し、商品に対して何が足りていないのか、イメージ優先なのか価格優先なのかなど、これがこうだから現状はこうである、そのためにこのリサーチが必要である、という設定が必要です。商品やサービスをどうしていきたいのかをゴールに、こういう理由だからこう、こういう課題があるだろうからこう、というところから質問項目を絞り出し、リサーチをすることが重要となります。そうすることで、商品・サービスに対して、より詳細な消費者のイメージやマイナスとされている面をはっきりさせることができます。

適切な回答分析と集計結果を出す

マーケティングリサーチを有効に活用するには、回答分析が適切に行われなければなりません。主計方法は単純集計とクロス集計が一般的です。より有効に活用するためにはクロス集計をするとよいでしょう。いくつかの質問項目を、縦横にかけ合わせる集計方法で、設問と性別・年齢といった情報をかけ合わせて見てみることで、マーケティング後に、ターゲットを絞ることや商品・サービスの内容を考える上で重要な情報となります。この情報をもとに、既存の商品であれば悪いところを修正していくことが必要とされ、新しい商品やサービスであれば、誰に・どのようなものが・どこに需要が眠っているのかを探ることが可能となります。ここまでまとめて、やっとマーケティングリサーチを有効に活用しているといえるでしょう。