マーケティングリサーチの効果とその見方

マーケティングリサーチとは、企業や公共機関などが商品の品質ややサービスの向上を目的として消費者や生活者に調査を行うことを指します。調査の内容は場合によって様々ですが、消費者や生活者の要望、不満、指向などがあげられます。企業はこれらの調査をすることによって得られた情報を分析し、より消費者が希望するような商品開発や改善を行っていきます。公共機関であれば自分たちの提供しているサービスがどのように生活者に受け入れられているのか、改善すべき点はどこかを知りそれによってサービスの修正を行います。このように、消費者や生活者の実態を調査することには企業や公共機関側のメリットだけでなく、消費者や生活者にも自分たちの意見を反映させることができるというメリットがあります。

消費者や生活者についての調査を行う方法

マーケティングリサーチには、主に定性調査と定量調査の二種類の方法があります。この二種類の調査方法を調査したい内容や対象者によって適した調査方法を使い分けていきます。定性調査とは、消費者や生活者の意見を聞き取り、その内容を分析する調査方法です。具体的には記述式のインタビューがあげられます。個人を対象とした対象としたインタビューの他に、複数人での座談会形式で行われるグループインタビューなどもあります。定量調査とは、数量的な分析を行うことを目的とした方法で、アンケートが主な手段になります。例えば会場テストでは、対象者に試飲・試食をしてもらい、作成したアンケートに回答してもらうやり方をとります。ほかにも店舗を実際に訪問してサービスを受けた感想を調べる覆面調査、インターネットを介してアンケートを行うネットリサーチ、商品を実際に使ってもらい使用感についてアンケートに回答してもらう訪問調査などもあります。

マーケティングリサーチをすることによる効果

マーケティングリサーチを行うことで得られた情報は、企業や公共機関にとって大きな財産になります。企業や公共機関はそれぞれ消費者や生活者に求められる商品やサービスを想定して商品開発やサービスの提供を行います。しかし、提供する商品やサービスが消費者や生活者のニーズと合っていなければ製品も売れませんし利用者も少なくなってしまいます。そのため、このようなリスクを回避するためにも消費者や生活者のリアルな実態や意見を調査分析することが重要になります。企業は得られた情報をもとに商品開発を行ったり改善を行うことで販売促進効果を期待することができます。また公共機関はニーズに元づいた常務内容の改善を行うことで、よりきめ細やかなサービスを提供することができるようになります。